君の名は。 感想、レビュー 素晴らしく隙のない素敵なラブストーリー

新海誠「君の名は。」感想、レビューです。

物語の面白さ:S

文章:A

キャラの魅力:B

雰囲気、世界観、設定:S

総評:A

あらすじ

深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。

一報、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが――。

出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す

感想

映画は見てたので話の内容は既に知ってましたが、小説の方を読んで改めて思ったのは

「いやー、マジでロマンチックで素敵なラブストーリーだわ。」

ですね。

こんな素敵でロマンチックなラブストーリーなんだからそりゃあ人気でるのも納得だな。って改めて思いますね。

それプラス、これまでの新海さんの作品はどちらかというと静的な感じでしたが、本作は話の展開も内容もダイナミックと言いますか、よく動くんですよね。しかもテンポもいいからグイッと引き込まれてしまう。

引き込み度的には本作が一番かなと思います。

ただ、風情があるとか風景とか雰囲気的には「言の葉の庭」で、メッセージ性とか哀愁なら「秒速5センチメートル」かなと思いました。「秒速5センチメートル」と「君の名は。」のエンドはまさに正反対と言えます。

秒速の方のエンドは受けいられない人は受け入れられないかもしれません。ある人は古傷を抉られる思いをするかもしれません。しかし、だからこそ印象に残る方は「秒速5センチメートル」の方ですね。気になった人は見てみてください。

後書きで本作を「新海誠のベスト盤」と言ってますが、確かに本作には隙という隙がない感じがします。

ど田舎の女子高生と東京の男子高校生の謎の入れ替わり現象から始まって、奇妙な糸で繋がって、たまに入れ替わって面白おかしな日々を過ごす二人。

そして唐突に終わる入れ替わり現象。からの衝撃的な事実。からの、互いが互いを想い、求める、素敵でロマンチックとしか言いようがないラブストーリー。そして、ついに出逢う2人。

さらには、そんな胸アツ胸キュンな展開にアニメでは新海さんの美しい背景とか風景が加わる訳ですから、そりゃあ反則的な相乗効果で素晴らしくなるのも道理な訳です。

映画の売上も千と千尋に次ぐ国内歴代2位とかもはや社会現象みたいになった本作ですが、なんか納得です。

もしかしたらなんですが、これまでの新海さんの作品に割と見られた(特に秒速5センチメートルで顕著だった。)時間の無情さとか人間関係の儚さみたいのが影を潜めたのもここまでヒットしたのに関係あるのかな、と思ったりします。

そのちょっとダークとも言える部分。これはこれで少し引っかかる所がありながらも、というかだからこそ新海さん独自の味な気もしますが、それが抜けるとこうも晴れ渡ったような素敵な作品になるんですね。っていうのが分かった気がします。

それが良いか悪いかは置いといて、私はどっちも非常に楽しめたので、次作も楽しみさせていただきます。

後書きで新海さんが「本作はアニメーション映画という形が一番相応しいから、小説を書く気はなかった。」って言ってますが、確かに、小説だけ読んでも「良いラブストーリーだったね」ぐらいにはなりそうですが、内容としては、映画以上でも以下でもない感じで、さっき書いたアニメならではの相乗効果があってこそ記憶に刻まれるぐらいになるのかなと思いました。(しかし、本編ともう一つの方の掘り下げた方のやつはとても良かったです。)

本編はアニメで見て、小説は周りのキャラの視点で描かれたりして掘り下げた特別篇の方だけ読む、というのも良いかもしれませんね。

キャラ

なんかもうあまりにも素敵な恋愛をしている二人。

「瀧くんと三葉ちゃん、幸せになってください。」

としか言いようがないです。(ついでにテッシーとさやちんも)

あと、さっきちょっと書きましたが、本作の小説には本作を掘り下げる本編と別のもう一冊の小説、「君の名は。 Another Side:Earthbound」という本が出てるのですが、こちらでは本編ではモブキャラだったテッシーとか四葉ちゃんとかが視点となって語られるたりしますが、特に四葉ちゃん視点の話は読んでて笑えたし面白かったです。

何気に頭が良いんですが、暴走しがちで、いう事やる事が気持ち良いほどに直球で、その直球さで失礼な事言ったり考えたりするからなかなかに笑わせてもらいました。

総評

良かったです。

小説読んだら、またアニメの方も見たくなってきますね。

もはや知名度はめちゃめちゃあると思うんで、見た人ばっかかもしれませんが、小説の方は、本編の方は基本映画の流れそのままですが、もう一冊の方も読んでみることをおすすめします。四葉ちゃんが面白いですし、まさに本編を補完をするような内容でもあり、周りのキャラ(主に三葉サイドの)の背景とか、本編の物語の中で何を考えていたかとか、宮水神社とか組紐にまつわる歴史とか不思議についても語られますので、本編が気に言ったら読んでみると良いと思います。

本編

小説 君の名は。 (角川文庫)
  • 新海 誠
  • 価格   ¥ 605
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

特別篇

始めてキャッチコピー見ましたが「この夏、日本中が恋をする。」とは良く言ったものですね。素敵な胸キュン、どうもありがとうございました。

君の名は。 名言集

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク