【騎士王の誇り】(fate/staynight)セイバーの生涯考えるとクルものがある

最近気が付いたんですけど、YOUTUBEって探せば素晴らしい動画がそこらへんに溢れてるんだなと。無論、それ以上にクソみたいな動画も溢れているは思いますが。

今回見つけたのはこの動画「fate/staynight」ってゲーム、アニメ作品のBGM「騎士王の誇り」って曲です。

悲しく儚く美しい。まさにセイバーという人物、その生涯そのものとすら思えますね。(プレイした方は分かってくれるのではないかと思います。)

そしてこの動画ね。曲が良いのは言わずもがな、誰が書いたのかは分からないですけど、さっき言った悲しさ、儚さ、美しさ。これらが滲み出るような素晴らしい絵だと思いますし、セイバーの周りを舞い上がる黄金の粒のようなもの。言語化できませんが、これも何とも言えず良い。素晴らしいです。

しかし、「騎士王の誇り」ってタイトルのですが、その誇りこそセイバーの悲しさ、儚さ、美しさであり、言い換えれば「騎士王の孤独」とも言えるんじゃないでしょうか。

いやー、そう思うと、staynightで彼女の魂が救われて心底良かったなと思いますね。なんか書いてたらまたやりたくなってきた。。。

基本、本の感想と名言の記事が多いと思いますが、たまにこんな感じで思い付きの記事書いたりしますので、よろしくお願いいたします。

それではまた。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク