君が電話をかけていた場所/僕が電話をかけていた場所 名言集

三秋縋「君が電話をかけていた場所/僕が電話をかけていた場所」名言集です。

深町陽介 名言

「人間、好きでもない相手のためにがんばることはできません。自分が好きになれないということは、自分のためにがんばれないということに繋がります。」by深町陽介

確かにな。しかし、「今の自分が好きですか?」と言われて「はい。好きです!」と即答は出来ない気がするな。「好きな自分になれるように努力している所です。」といった所でしょうか。

「僕は劣等感が人を成長させるとは思っていません。たいていはその人の歪みの起点となるだけです。劣等感をバネにして成功する人間もいますが、そういう人は皆、成功を収めた後も劣等感に悩まされ続けています。」by深町陽介

うーん。どうなんだろうな。「悔しさをバネに。」とか言うけど、「悔しさ=劣等感」は成り立つのかとも思うし。。。

「僕はこの世界についていけるのだろうか?」by深町陽介

たぶんだけど、今生きてるって事はとりあえずはついていけてるって事だと思う。

「奇跡は、人の目を盗んで起きるものだ。」by深町陽介

とすると、「奇蹟を目の当たりにした。」とかいうのは大した奇蹟でもないのかもな。まあ、それを「奇蹟だ。」と思って幸福を感じられるならそれでいいんだろう。

「厳密にいえば、自身の姿を客観的に見たことのある人間など存在しない。人の目は見たい部分だけを見て、それを元に都合よく全体像を再構築している。」by深町陽介

一理あると思うけど、それって大抵、ポジティブな精神状態の時の話で、ネガティブな時って欠点しか見えない感じなる気がする。

「自分が他人にどう思われているかなど、いくら考えたところでわかるはずもない。それでも考えずにはいられない。」by深町陽介

それな。100%考えても分かるはずもないのに、考えてしまうって事は確かにある。

「何も持っていない人間には、一つだけ強みがある。失って困るものがないのだ。大切なものが一つあるだけで、人は常にそれを失う恐怖に苛まれるようになる。」by深町陽介

それを自信をもって「俺の強みだ!」って言えるような人間は必然的に何かしら大切なもの持ってそうな気もする。

「色んなものがあまりにくっきりと見えてしまうから生きづらいんだ。世界がもっと薄暗く輪郭のぼやけたものだったら人は目につく印象ばかりに頼らずもっと慎重に物事を判断するようになっていたかもしれない。」by深町陽介

よく分かっていない、見えてない方が慎重になる。確かにそうかも。

「自分に自信が持てると他人に優しくする余裕ができるのだ。」by深町陽介

そんな都合の良さが人間らしさだとも思う。

「残酷さというのは自覚的に行使されることは少なく、無自覚な者によって行使されることの方がずっと多いものだ。」by深町陽介

1つの事柄に対して、自分は自覚しているのに相手は自覚していない。これが既に残酷さと言える気がしないでもない。

「仮に間違いだったとしても、考え抜いた末に犯した間違いには正解と同じくらいの価値がある。」by深町陽介

そう心から思えたら割と救われるかもな。

「美しさというのは、あるラインを越えてしまうと不純な気持ちから切り離されてしまうものなのだ。」by深町陽介

なんかこれ分かる。上手く言語化できんけど。

「自分の不幸を慰めるのは難しいが、自分の不幸とよく似た他人の不幸を慰めるのはそれほど難しくない。そして自分の不幸とよく似た他人の不幸を慰められることが証明された後では、自分の不幸を慰めるのは容易い。そういうことだ。」by深町陽介

なんかこの言葉の繋げ方が面白くて好き。

「多分、僕は死ぬまでこの記憶の幸福な奴隷なのだろう。」by深町陽介

「幸福な奴隷」。こんな矛盾しているようでおもしろ素晴らしい表現を生み出せる三秋さん最高です。

荻上千草 名言

「中学三年のある日、ふと気づいたんです。自分という人間が、いくらでも代わりのきく、絵に描いたような凡庸な存在だということに。」by荻上千草

割と早いな。俺はコンビニでバイトした時に実感したもんだが。

陽介の母親 名言

「もっと素直に喜びなさい。糠喜びして後で落胆する羽目になるのを恐れてたら駄目。落胆のリスクを背負った上で糠喜びするのが一番冴えたやり方よ。」by陽介の母親

「落胆のリスクを背負ったうえでの糠喜び」。これも何とも面白い表現。

羽柴さん 名言

「君を見ているとこう思わずにはいられないんだ。ある深刻な欠点が、その持ち主を思慮深い人間に育ててくれるというのも確かだとね。もっとも、欠点から目を逸らさなかった者に限った話ではあるが。」by羽柴さん

確かに「悩む」ってのは「考える」って事であるとも言えるとするとそうとも言えるのかもしれない。

三秋縋 名言

「自分の気持ちに適切な名前をつけることができると、それだけで気分がちょっと軽くなるものです。」by三秋縋

自分の想いを上手く言語化できると確かにホッとするというか嬉しいというか。。。まあ、難しいんだけども。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク